積み木の家と電卓

今後の住宅業界のトレンド

家

省エネはもう古い

住宅を建てる際には、省エネ住宅にすることで、光熱費を削減しようということが住宅業界ではトレンドとなっていました。しかし、現在では省エネ住宅も古くなっています。これからは、省エネ住宅ではなくゼロエネ住宅の時代となるでしょう。ゼロエネ住宅とは、その名の通りエネルギーをゼロにするということです。電気料金で考えると、毎月の電気料金がかからないということです。ゼロエネ住宅には太陽光発電が必須となります。なぜなら、太陽光発電を利用し、月々にかかる電気量を太陽光発電による電気量で賄うことが必要になるからです。現在、各電力会社が電気料金をあげています。これは、原発停止による影響が大きいためです。しばらくは電気料金が下がることはないでしょう。そのため、今後ますますゼロエネ住宅は増えていくでしょう。

補助金を活用

ゼロエネ住宅を建てるには、値段が高くなるのではないかと懸念する人もいると思います。確かに、ゼロエネ住宅を建てるには、住宅設備を省エネのものにし、そして太陽光発電を設置する必要があるため、どうしても費用が高くなってしまいます。しかし、ゼロエネ住宅にすることで国や自治体の補助金を得られるというメリットもあります。つまり、実費による負担が少なくて済むということです。現在では、経済産業省や国土交通省でゼロエネ住宅向けに補助金があります。審査は少し厳しいものになりますが、例えば窓ガラスやエアコンなどを高性能なものにしたり、間取りを工夫することで、補助金を得ることが可能になります。その他、各自治体によって様々な補助金を出しています。ゼロエネ住宅を建築したいと考えの方は、一度国や自治体のホームページを確認してください。

Copyright© 2015 注文住宅で快適ライフ【家族が集まる温もりのある空間実現】 All Rights Reserved.